一人暮らしならタンスだけの引越し

タンスをどうしよう

 

このサイトは引越しをする際にタンスのみに注目を当てたサイトとなります。

 

  • タンスだけ引越したい・・・
  • 婚礼タンスで傷つけたくないけど、どうやって梱包しよう・・・
  • タンスの引越し費用っていくらかかるの?
  • 処分をした方がいいのだろうか?
  • 安くするためにはどの時期にすればいいの?

 

引越しのことで色々な悩みが解決することができるようになっています。

 

特に費用を安くしたい方であれば参考になるはずです。大型荷物(家具・家電)に関してはひとりで運ぶこともできません。そのため、単身引越しですと友人にお手伝いをお願いするか、引越し業者に頼むしかありません。

 

しかし、たとえ大型荷物のみだとしても部屋へ運ぶ際に傷をつけないように気おつけなければなりません。そのため、できれば万が一の際の保障をしてくれる引越し業者にお願いすることがおすすめです。

 

タンスを運ぶ際に傷をつけたら

 

引越しの最中に素人がタンスを運んで傷をつけてしまうことが多いです。そうなると退去費用が非常に高くなります。

 

どれぐらいクロスが古くなっているのかや構造にもよって金額は変わりますが穴が開いてしまえば3万円から5万円程度の修復費を請求されます。クロスが破けたり傷ついたのであれば1万円程度かかります。

 

非常に高いのですね。そして、修復費の面倒なところが金額が決まっていないことです。明確な金額がないので大家や不動産会社が高値請求をしてくることもあり、相場の2倍・3倍と請求する会社も多いです。

 

退去時の修繕費用に関するトラブルは非常に多いので国土交通省がガイドラインと呼ばれる修繕費をどれぐらい負担するかの指針となるものを発行をしています。ただ、これには強制権は全くありません。

 

そのため、ガイドラインでは本来入居者が払わなくてもいい費用まで請求してくることもあるのです。そうなると交渉をして言い分を取り下げさせるか、裁判をしなければなりません。

 

裁判となればガイドラインを元に考えている部分もあるので勝訴できる可能性も高くはなるのですが、非常にめんどうとなります。そのため、できるだけ賃貸で入居する際には傷をつけないようにするのが無難です。

 

引越し業者にお願いするのであれば保障があるので安心することができるのですね。

 

費用を安くしたいのなら複数の引越し会社の料金を比較

1社だけだと高い
引越し費用はどの会社にお願いするかにもよって金額が全く異なってきます。もともとの設定している金額に関しては変わりはほとんどありませんが、各社割引を行ってくれるので料金が単身での引越しの荷物の量でも2万円3万円とかわることも非常に多いです。

 

タンスのみであれば数千円違いがでたりします。

 

基本的に安い引越し会社に頼むとサービスが落ちるなんてことはありません。全ては現場の作業員次第となってしまうので有名な会社を選ぼうがあまり知られていない会社を選ぼうが当日になってみないと分からないことが非常に多いです。

 

そのため、どうせなら安い引越し業者でお願いしたほうがいいのですね。

 

複数の会社の見積もり金額を比べて安い業者にお願いするといいです。

 

簡単なのはWeb見積もり

 

一社一社に見積もりの依頼をするのは正直手間がかかります・・・

 

どれぐらいの重さや距離を運ぶのかなどを毎回話さなければいけないですからね。そんなときに便利なのがWeb見積もりです。

 

引越し価格ガイド・引越し侍・ズバット引越しと呼ばれる3サイトであれば複数の会社にスマホから一括見積もりをすることができます。もちろん、パソコンからでのご利用もできます。

 

ネット上から距離や荷物の量を入力するだけで複数の会社にそのデータが送られるので各社が見積もりを出してくれます。一度の手間で複数の会社の金額を比べることができるのですね。

 

引越しをする際には先ほどの3社のどれかから依頼するのが当たり前になりつつあります。手間がかからず料金も安くなるので利用者も増えているのですね。

 

複数の引越し会社に一括見積もりするメリット

  • 引越し料金を安くすることができる
  • スマホから5分程度で見積もり依頼できる
  • 手間がかからない
  • 少ない荷物の量でも受け持ってくれる
  • 引越し1週間前でも引き受けてくれる業者が見つけられる
  • タンスだけの引越しでも対応が可能

 

また、上記だけでなく見積もり依頼と同時に引越し相場も表示されるのでまず、高くなるなんてことはありません。万が一にも高い金額がでたのなら別の引越し業者を利用すればいいだけですからね。

 

ただ、ひとつだけデメリットもあります。
複数の会社に見積もり依頼するので、断らなければいけないことです。

 

利用しないことになった引越し業者に別の業者を利用することになった旨を伝えなければなりません。最大10社から見積もりをお願いできるのですが、あまり多く頼みすぎるとめんどうとなります。

 

だいたい3社程度に見積もり依頼をするようにしましょう。あまりにも多くの会社に依頼してもそこまで料金は変わることはないので、手間を考えると3社ぐらいが丁度いいです。

 

引越し費用を安くするための方法は他にも色々とあります。
相場よりも安くするのであれば「引越し相場より費用を安くする激安術-引越し案内人」でタンスだけではなく、引越し費用を全般的に安くする方法が色々と紹介されています。

 

引越し相場より安くする引越し案内人