引越しの忙しい時期と暇な時期

引越し業界が忙しい時期

 

 

引越しが忙しい時期は1月の後半から3月の終わりまでとなります。

 

1月の前半は、里帰りなど色々と忙しいので引越しをする人はいません。
しかし、中盤を過ぎたあたりから3月の終わりまでにかけて急激に忙しくなっていきます。

 

理由としては4月の新生活がはじまるためです。
新しい会社や大学に通勤をするための通いやすい場所に引越しをしてきます。

 

そのため、忙しくなるのですね。
たまに1月、2月は引越し業者として閑散期と誤った情報を紹介しているサイトもありますが、
騙されないように注意をした方がいいです。

 

引越し業界で働いていたのでわかるのですが、1月下旬からはその他の時期の3倍、4倍とお客さんからの問い合わせがきます。
4月に新生活がはじまるのにギリギリに引越しをする人よりも余裕を持って引っ越す人が多いのが安易に想像がつくことです。

 

WEBサイトのプロであっても引越し業界のプロではないので、適当に調べて載せているサイトも多いのですね。
4月のはじめまでは引越し繁忙期などと書いているところもありますが、想像してみてください。

 

地方から上京してでてきている人もいるのに毎朝、新幹線にのって通勤してくる人がいると思いますか?
普通に考えて誰でもそんな人はいないのは分かるはずです。

 

引越しの繁忙期は1月の後半から3月の終わりまでとなるので、料金が高くなります。
できるだけ、12月前に引越しをしておくことで料金を安くすることができるようになります。

 

 

引越しが暇な時期

閑散期なら料金も安い

 

 

6月、11月は引越し業界も暇な時期なので、ある程度の希望や融通が利きます。

 

想像すれば判る方もいるかもしれませんが、
4月の新生活も過ぎ多くの人は引越しが終わっている事と、6月は梅雨に入るからです。

 

引越し当日雨が降ってれば運ぶ時、家財道具も濡れるしまた、新居に着き家の中に運んだ後も
荷物をふき、後かたずけをするのに二重の手間がかかり大変な思いをする事になるからです。

 

11月は会社など秋の人事異動も過ぎ引越しも終わっているので
引越しをする予定の人も少なく暇な時期になリます。

 

引越しをするのに6月で梅雨だから必ず雨が降るわけではないので融通などが利き
交渉次第では割安になる可能性があるので引越しの狙い目かも知れません。

 

交渉するのが苦手な人は、複数の会社に一括見積もりができるサイトがあるので
そこを利用する事で業者間で価格競争をしてくれるので、ほとんど交渉しなくても
安くなる可能性があります。